プラスマイナスゼロ

「なんか最近、アタシら 死体に縁がねーか?」

ある時、センコーがアタシらを見て、こう言った―――
「プラスとマイナスとゼロが歩いてら」。
主人公は成績優秀品行方正、でも不運に愛される美しいお嬢様テンコ、成績最低品行下劣、極悪腕力娘と噂される不良娘ユーリ、“歩く全国平均値”との異名を持つミサキ。
なぜだか仲良しな凸凹女子高生トリオが、海辺の町・葉崎を舞台に繰り広げる、ドタバタ×学園×青春ミステリーの連作短編集!




著者●若竹七海 装画:杉田比呂美
     装丁:カマベヨシヒコ(ZEN)
判型●四六判変型並製
定価●本体1,200円+税
発売●2008年12月5日
ISBN●978-4-86176-611-4