蒼海の世紀(1)
−王子と乙女と海援隊−

時は、20世紀初頭――。
「海は世界中とつながっている」と知った少年・李家鳴海は、日本帝国海軍兵学校生徒として近海航海訓練に出ようとしていた。
しかし、乗り込む艦は海軍艦艇ではなく、女性ばかりが乗船している、海援隊の戦艦「みかさ」だった…。
坂本龍馬が暗殺されなかった架空の日本を舞台とした、オリジナル海洋戦記がここに開幕する!
 
 

著者●野上武志×鈴木貴昭
判型●B6判
定価●本体600円+税
発売●2011年7月7日
ISBN●978-4-86176-672-5